加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

公開日: 更新日:

 台湾産パイナップルの輸入が止まらない。既に3500トンの注文が確定と記録を更新、5000トンの大台も突破しそうだ。

 きっかけは中国が1日に打ち出した台湾産パイナップルの禁輸だ。中国税関総署は台湾の収穫期を前に、昨年の輸入分から有害昆虫が発見されたためと説明している。台湾民進党・蔡英文政権は政治的圧力だと猛反発、総統・蔡英文は先月28日に南部・高雄の農場を訪れ「政府は絶対に農民を守る」と激励。「台湾産パイナップルをより多くの国に輸出しよう」と訴えた。

 台湾の年間生産高は43万~45万トンで輸出向けは5万トン前後。9割以上が中国向けで輸出額は15億台湾ドル(約57億円)前後だ。生産者の多くは民進党の金城湯池、南部に集中している。これに日本の台湾偏愛主義者が呼応。「中国に虐められる台湾を救え!」「台湾産パイナップルを買おう!」とネット上には“愛台湾”エールが飛び交っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る