中国で起きた奇跡の再会 新婦が生き別れになった娘だった

公開日: 更新日:

 テレビドラマのような涙の再会が、中国・江蘇省蘇州市であった。

 写真左の女性(氏名未公表)の息子が3月31日に結婚式を挙げた。女性が新婦(同右)と顔を合わせるのは、式当日が初めてのことだった。話をするうちに、女性は新婦が二十数年前に生き別れになった実の娘ではないかとの思いを抱く。

 外見だけでなく、血のつながった家族が抱く親密さを感じたという。女性はその場で確認できることとして、「娘であれば手にアザがあった」事実を思い出し、確認すると、確かにアザがあった。

 女性が思い切って過去の話をすると、新婦の両親は血のつながった娘でないことを認めた。そして20年以上前に道端で拾った女の子だったことを打ち明けたのだ。

 新婦はそれまで実の娘として育てられて、拾われた事実は聞かされていなかっただけに、式当日はうれしさと驚きで涙が止まらなかったそうだが、結婚がどうなったかははっきりしない。

 母娘が再会できたのはよかったけど……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る