相川圭子
著者のコラム一覧
相川圭子ヨーガ指導者

世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。女性史上初「究極のサマディ(悟り)」に達した。インドスピリチュアル協会からマハ・マンダレシュワル(宇宙の師)という最高の聖者の称号を賜りインド中の尊敬を集める。2016年6月、10月、17年5月に国連本部で主賓として招かれ平和のスピーチを行った。インドを中心にチャリティー活動を、欧米と日本でヒマラヤシッダー瞑想の伝授と、真の生き方の指導を行い、運命改善と悟りに導く。著書は累計90万部。インターFM「ヒマラヤンVOICE~聞く瞑想タイム~」、BS―TBSで毎週金曜放送中の「素晴らしい明日」に好評レギュラー出演中。

【Q】結婚のご縁もなく、コロナ禍で将来孤独死への不安があります

公開日: 更新日:

 コロナ禍の自粛生活で、リモートワークが主流になった。人間関係が希薄になり、仕事、健康、家庭に悩めるサラリーマンも増えている。今週から、世界で2人しかいないヒマラヤ大聖者・ヨグマタが、誰にも言えない男性の悩みに答える――。

 ◇  ◇  ◇

 30代半ばまでは結婚願望がありましたが、40代までご縁はありません。40歳を越えたころから独身仲間の男友達も結婚し、友人から女性を紹介されることもなくなりました。地方の中小企業ゆえ経済的にも余裕はなく、貯金も少ないです。すでに婚活する意欲もなくなりました。ただコロナ禍の自粛生活で人恋しさと将来、独居老人になったり、孤独死したりすることへの不安はあります。どうしたらいいのでしょうか。

【A】人恋しいからと他社に求めるのでなく自分自身を充実し、見返りを期待せずに周りの人を活かすような生き方をすれば道は開けます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

もっと見る