小池都知事が責任転嫁の弁! 自宅療養中の30代軽症者死亡で「健康観察の限界」露呈

公開日: 更新日:

 東京都は11日、新型コロナウイルスに感染し自宅療養していた1人暮らしの30代男性の死亡を発表した。基礎疾患はなく、肥満でもなかった。

■健康観察の限界露呈

 男性は7月28日に陽性が判明。37度台前半の微熱のみで軽症と判断され、自宅で療養していた。保健所は毎日、健康観察を行い、5日に連絡を取った際、男性は不眠を訴えていたものの、異変はなかった。6日に家族から「連絡が取れない」と警察に連絡があり、警察と家族が男性のマンションの部屋に入ったところ亡くなっていた。

 保健所が毎日、健康観察を続けていても、健康な30代の軽症者が急変し、あっという間に死に至る――。改めてコロナの恐ろしさを思い知らされる。また、自宅療養者への健康観察の限界を示す事例と言える。

 ところが、小池知事は「健康観察は続けていたわけですが、体調が急変した。若いからと、何も病気はないよ、というのではなく、基本的なところをお守りいただくように徹底してお願い申し上げたい」と、自宅放置の責任を棚に上げ、まるで患者が悪いかのような口ぶりだった。

 立憲民主党は11日、厚労省に対し、五輪閉幕に伴い利用がなくなったホテルの宿泊療養施設としての活用や臨時の医療施設設置を求めた。悲劇を繰り返してはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声