新型コロナの“切り札”飲み薬「モルヌピラビル」は日本では宝の持ち腐れに?

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの脅威が大幅に緩和されそうだ――。そんな期待が寄せられているのが経口治療薬の「モルヌピラビル」だ。米製薬大手のメルクが開発した飲み薬で、12時間おきに計10回、5日間服用する。

■入院半減、死亡ゼロ

 メルクは新型コロナの症状が出て5日以内の軽度から中等症の患者775人を対象に治験を実施した。偽薬を投与された人のうち入院したのは14.1%で死亡者は8人に対し、モルヌピラビル投与者は入院7.3%、死亡はゼロ。この結果を受け「入院のリスクが半減。死者は激減する」などと評価されている。

 メルクは米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する予定で、年内承認の可能性がある。認可されれば新型コロナ治療薬として世界初の経口抗ウイルス薬となり、“切り札”への期待は高まるばかりだ。

「画期的な治療法です」とはハーバード大学院卒で近著に「元WHO専門委員の感染症予防BOOK」(三笠書房)がある医学博士の左門新氏だ。こう続ける。

「抗体カクテル療法は基本的に入院して点滴を受け、自宅投与の場合は医師と看護師が出向き、終了まで1時間ほどかかります。薬を飲むだけになれば、医療従事者の負担は大幅に減るはず。しかも治験者は全員、高齢者および肥満や糖尿病など基礎疾患のいずれかを負っていた。重症化リスクの高い人が入院半減、死亡ゼロとなったわけです。遺伝子解析による実験ではデルタ株などの変異株にも効果を発揮。短期での検証では副反応も少なかったそうです」

治療費は1人約7万7700円

 それでも課題は残る。まず治療費だ。米紙によると、1人あたり約700ドル(約7万7700円)かかる。メルク傘下の日本法人「MSD製薬」(東京・千代田区)に国内の価格設定を問い合わせたが、「回答は控えさせてください」(広報担当者)とのこと。

 日本特有の課題もある。せっかく切り札がもたらされても、この国では軽・中等症者を早期に割り出すPCR検査が普及していない。英オックスフォード大の研究者らが運営する「アワー・ワールド・イン・データ」は、1日ごとに各国の検査実施数を調べている。直近9月27日の人口1000人あたりの検査数は、イスラエルが16.27、英国14.63に対し、日本は0.63とお寒い状況で“夢の新薬”が宝の持ち腐れとなりかねない。

 日本政府はモルヌピラビルを年内に特例承認して調達すべく、メルクと調整中だが、感染者激減のうちに検査体制を拡充させるのが先である。
 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    トイレに隠しカメラ7台、盗撮画像はスマホ640台分!知人女性も狙われた27歳大学生の性癖

    トイレに隠しカメラ7台、盗撮画像はスマホ640台分!知人女性も狙われた27歳大学生の性癖

  2. 2
    エンゼルス大谷の活躍にメジャーで「二刀流転向」希望者が続々

    エンゼルス大谷の活躍にメジャーで「二刀流転向」希望者が続々

  3. 3
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  4. 4
    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

  5. 5
    定年後に住むなら「持ち家」か「賃貸」か…どっちが得?

    定年後に住むなら「持ち家」か「賃貸」か…どっちが得?

もっと見る

  1. 6
    知らないと月3万円を損する年金世帯の暮らし方 要介護の親と同居の現役世代も必読

    知らないと月3万円を損する年金世帯の暮らし方 要介護の親と同居の現役世代も必読

  2. 7
    日本製鉄「呉製鉄所」閉鎖で職を失う従業員は約1500人 呉市の税収にも大きな影響が

    日本製鉄「呉製鉄所」閉鎖で職を失う従業員は約1500人 呉市の税収にも大きな影響が

  3. 8
    極貧打・V逸巨人の仁義なき大補強! “強奪標的”は好物の中日優良助っ人「主砲ビシエド」

    極貧打・V逸巨人の仁義なき大補強! “強奪標的”は好物の中日優良助っ人「主砲ビシエド」

  4. 9
    33歳で「英国で最も若いおばあちゃん」に! 17歳の娘が女の子を出産

    33歳で「英国で最も若いおばあちゃん」に! 17歳の娘が女の子を出産

  5. 10
    岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも

    岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも