「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

公開日: 更新日:

 米ニューヨーク州ロングアイランド島で先日、ある男が拳銃の不法所持でサフォーク郡警の警察官に逮捕された。

 郡警は5月22日、男から押収した拳銃の写真をフェイスブックにアップし、事情を説明したところ、この投稿がバカ受け! その拳銃が骨董品と言っていいくらい古いものだったからだ。

 レミントン・ダブル・デリンジャーという2連装の小型の護身用拳銃で、製造が始まったのは1866年! あまりの古さに、コメント欄にはジョークが相次いで投稿されている。

「逮捕されたのは1879年か?」

「大量虐殺を未然に防ぐことができてよかった」

「逮捕したのは誰? ワイアット・アープ(OK牧場の決闘で知られる西部開拓時代の保安官)か?」

「この悪党を逮捕し、拳銃を押収した保安官のおかげで、真昼の駅馬車強盗が未然に阻止された!……冗談はさておき、素晴らしいお仕事、感謝します」

 ちなみにダブル・デリンジャーは、1970年代にヒットした漫画「ワイルド7」の女性隊員ユキの愛用拳銃だった。往年の読者は思わずニンマリかも!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  2. 2
    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

  3. 3
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  4. 4
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

  5. 5
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  1. 6
    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

  2. 7
    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

  3. 8
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  4. 9
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  5. 10
    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?

    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?