児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

テッケムンvsゴンサラン! 支持層が分かれる文在寅前大統領と新ファーストレディー

公開日: 更新日:

 今月、尹錫悦(ユン・ソンニョル)新大統領が誕生した韓国だが、退任した文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は韓国の大統領にしては珍しく4割超という支持率のまま任期を終えることになった。2000年以降、韓国の大統領はいずれも任期終盤で支持率を25%前後まで落としている。文前大統領は異例中の異例で、支持層は30~40代が多く、特に女性からの人気が高い。文前大統領を支持していた韓国人女性も「国民から愛された大統領でした」と、しんみり語る。

 文前大統領は就任当初から自らを“フェミニスト大統領”と呼び、清廉潔白に見せていた。その演出を手掛けていたのは当時の秘書官で、文前大統領が若い側近たちと一緒に白いワイシャツ姿でコーヒーを片手に談笑しながら青瓦台(大統領府)を歩く姿を公開。その姿は人気マンガ「花より男子」のイケメン4人組にちなみ“青瓦台F4”と呼ばれ、国民にクリーンな印象を与えた。当時の人気ぶりは大統領というよりも、まるで銀幕のスターのようだった。

 文前大統領の支持層を示す文派(ムンパ)という造語も生まれ、特に熱狂的な支持者は「頭がカチ割れても文在寅(テガリ=頭が、ケジョド=壊れても、文在寅)」の略で、“テッケムン”と呼ばれた。こうしたテッケムンの人たちは、何が起ころうと文前大統領を責めることはない。悪いことはすべて朴槿恵(パク・クネ)元大統領のせい。不動産の高騰、経済格差の拡大、戦後最悪といわれる日韓関係などの悪材料についても「保守系メディアの策略」と言い切る韓国人女性もいた。その結果、大統領選では野党に敗北し、政権交代となったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?