小倉健一
著者のコラム一覧
小倉健一イトモス研究所所長

1979年生まれ。京都大学経済学部卒。国会議員秘書からプレジデント社入社。プレジデント編集長を経て2021年7月に独立。

(1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

公開日: 更新日:

 徳洲会グループから無利子・無担保で借りた5000万円をカバンに詰め込み、5年の公民権停止となった元都知事・猪瀬直樹氏が、日本維新の会の参院選比例候補として立候補した。

 出馬表明の記者会見では、報道陣の前に、ずらりと自身の著作を並べ、故・石原慎太郎の遺志を受け継ぐと明言。維新幹部は、目玉候補として東京選挙区のテコ入れを猪瀬氏に託した。

 その矢先、猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」が起きた。6月12日、東京都の吉祥寺駅北口で、維新による街頭演説が行われた。その演説会の最中に、マイク片手に冗舌に話しながら、女性候補の肩、髪の毛、そして胸元をポンポンと触るしぐさを見せた──。その模様が維新の公式YouTubeチャンネルで配信されたことから「猪瀬氏が公然セクハラをしたのではないか」と騒動になった。

 朝日新聞からもセクハラではないかと指摘され慌てた維新陣営は「早期の幕引き」を図ることになる。猪瀬氏の反応を陣営スタッフはこう証言する。

「朝日が報道する前に謝ってしまうことで、炎上を最小限に止めようと維新幹部は考えたのですが、猪瀬氏は『肩に手をやっただけ』『何が悪いんだ』『謝る必要などない』とご立腹の様子でした」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記