髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

「夜間帯に大声でGLAYを歌っている」とマンションに張り紙…裁判沙汰になるの?

公開日: 更新日:

 先日ツイッター上で、マンションの張り紙が話題となりました。その張り紙には「夜間帯に大声でGLAYを歌っている」「被害に遭われる方の疲労・苦痛等を考慮していただき、心当たりのある方は控えていただくようお願い致します」などと記載されています。また「状況により訴訟になり、退室及び損害賠償請求されるケースもございますのでご了承ください」との記載もあります。

 どうやらお風呂でGLAYの歌を熱唱しているのが問題になっているようですが、それでは、実際にお風呂で熱唱すると損害賠償請求をされることがあるのでしょうか。

 GLAYを歌唱する行為が騒音であり、それが受忍限度を超える場合には他人の権利(例えば、静かな環境で居住する権利等)を侵害したとして不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)が認められる可能性があります。

 受忍限度を超えた騒音といえるかは、騒音発生の頻度、発生時間帯、継続時間、継続期間、騒音の程度、地域環境、被害防止措置の有無とその内容、効果などいろいろな事情を総合的に考慮して判断されます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

  2. 2
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  3. 3
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

  4. 4
    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

  5. 5
    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

  1. 6
    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

  5. 10
    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報

    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報