茂木幹事長が「被害者救済新法」に前のめり 突然シャシャリ出てきた打算と思惑

公開日: 更新日:

 急にシャシャリ出てきた狙いは何なのか。旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の被害者救済新法について、前のめりに各党との調整に乗り出した自民党の茂木幹事長に対し、いぶかる声が上がっている。

「計算高い茂木さんが自分の得にならない案件に積極的に関与するはずがない。高木国対委員長が頼りなくて見ていられないと助け舟を出すタイプでもない。わざわざ国対委員長を押しのけて交渉役を買って出たのは何か事情があるのでしょう」(自民党関係者)

 救済新法に関しては、10月19日に自民党、立憲民主党日本維新の会の国対委員長会談で与野党協議会の設置を決定。公明党も加えた4党の政調会長クラスで協議を続けてきた。

 しかし、野党が求める「マインドコントロールの定義」や「家族らによる寄付の取り消し権」「寄付の上限規制」などに与党側が難色を示し、なかなか協議が進展しない。

 すると突然、茂木氏が乗り出してきたのだ。9日に立憲、維新、国民民主、共産4党の幹事長と順に会談、「新法の早期成立に協力をお願いしたい」と珍しく殊勝な態度を見せた。同時に、それまでの4党協議とは別枠で、自公と国民民主の3党による新法制定に向けた協議もスタートさせた。

「4党協議からはずされた国民民主の巻き返しと、野党主導で進む4党協議を潰したい自公の利害が一致して、新たな協議の場を設けた。もともと国民民主は与党に近い案を出しているから、自公国の3党で拙速に進めるつもりではないか。政府・与党が『野党の意見も取り入れた』と言うためのアリバイづくりに国民民主が加担すれば、被害者救済は骨抜きにされてしまいます」(立憲民主党ベテラン議員)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」