アウトドアの必需品メスティンがバカ売れ! ダイソーでは一時期品薄の大ヒットに

公開日: 更新日:

 初夏のこのごろ、アウトドアを楽しむ方も多いのでは。

 そこで不可欠になるのが炊飯ですよね。定番の飯ごうで炊くのもよいのですが、メスティンなら自動炊飯ができて便利ですよ。

 メスティンは、元々軍用の調理器で長方形のアルミ弁当箱に取っ手が付いているスタイル。ご飯の炊き方も簡単で、30分ほどお米を浸水させてから火にかけ、炊き上がれば逆さまにして10分ほど蒸らすだけ。

 固形燃料を使えば、燃え尽き時が炊き上がりの合図。つまり、これが自動炊飯といわれるゆえんなんですね。

 キャンプなどでは、ほったらかしにしておいて、その間に野菜を切ったり他の用事を済ませられるのでとても便利。また、メスティンは炊飯だけでなく、麺を茹でたり、フライパンのように焼く調理もできます。もちろん、鍋の代わりにも使え、コンパクトなのでソロキャンプなどにうってつけ。専用の網を使えば蒸し料理もできるスグレモノなんですね。

 ご飯を炊いて、そのまま具材をのせればどんぶり飯の出来上がり。ネットではメスティン用のレシピもたくさんアップされているのでいろいろと試してみてはいかがでしょう。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変