「ぽかぽかランド鷹番の湯」で12分計2度完走。すごい充実感に満足、満足

公開日: 更新日:

ぽかぽかランド鷹番の湯(目黒)

 東急東横線学芸大学駅東口から住宅街を7分ほど歩くと、虹色の看板が目に留まる。1921年創業「栄泉湯」で、1989年にビル型銭湯「ぽかぽかランド鷹番の湯」に衣替えしたという。下足ロッカー近くの券売機で入浴料+サウナ代1120円を購入。フロントで券を渡す。

「当店は男女日替わり制で、男湯は偶数日がソルティーサウナのある2階、奇数日がドライサウナのある1階になります」

 とは、フロントに座る3代目の小林博さん。その日は奇数日で、タオルセットとサ室フックキーを受け取り、早速、脱衣場で服を脱いだら、浴場にGO。

 中に入ると、カラン上部の丸照明がモスグレーのタイル壁を照らし、昭和ムードを感じる。58歳には落ち着くなぁ。湯は地下約100メートルから湧出したメタケイ酸を含む天然温泉だそうだ。

 41度の広い白湯には、冷水枕つきでバイブラのドリームバスが2床、冷水枕つきで腹や太もも、ふくらはぎにジェットがあたるローリングバスが2床、背中や腰・ふくらはぎなどにボボボのリラックスバスが2床。さらに1床あるエステバスのジェット砲が半端ない。手すりをつかんでないと、流されそうになり、修行僧のごとく腰や腹に圧を受ける。たるんだ腹はへこみ、腰痛はサヨナラ。マジで快感だった。

 ドアを開けた先の露天風呂は、城壁風の壁に囲まれた40度。常連らしき年配客は目を細め、いい表情。こちらもポカポカしてきたので、サウナタイム始まりでーす。

 フックキーでドアを開けると、ほどよい熱さがジンワリと。グレーの耐火レンガとヒノキ造りの室内はストレート2段ベンチで、ギリ6人くらいか。マット敷きの上段にどっこいしょ。

 柵の奥には、グルグルとらせん状の鉄管が並んだ熱源が珍しい。ドライサウナというから遠赤外線ストーブかと思いきや、蒸気ボイラーだった。設定80度は温度計で90度でも、マイルドに感じるのは蒸気のせいかな。

 ベンチ正面には、ガラス窓越しに浴場が見えて明るい。ボイラー横の収納テレビは上段から見えないので、音だけ聞きながら汗を流すことに。これはこれで面白い。

 顔面にジリジリとくる熱さで深呼吸すると、かすかな鼻のチクチクが心地よい。12分計3分で玉汗が浮かんできて、6分で汗ダラッダラ。でも、まだまだ頑張れるぞ。時々、「シュウウ」とうなるボイラー音にテンションを上げ、1セット目は10分で退室した。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差