9割の女性が興味あり 「ソフトSM」はホテルグッズで代用OK

公開日:  更新日:

 女性誌や女性向けAVでは、ソフトSMが人気だ。ファッション誌an・anがSM特集を組んだり、女性向けAVの専属男優のベスト盤DVDがバカ売れしたり。それだけ女子もソフトSMを求めているということだろう。

 たとえば、女性向けアダルトDVD「HOW? soft sm」(ラ・コビルナ)では、3編構成で、ソフトSMのイロハを学ぶ仕組みになっている。「ラ・コビルナ」のプロデューサー・杉沢志乃さんに聞いた。

「以前調査したら、ソフトSMに興味を持つ女性は9割以上でしたが、8割は自分から男性に『ソフトSMしよう』とは誘えないと回答しました。男性から誘うことです。どうやって誘うか? 食事の後にセックスする展開でも、食事中に誘ったら、ドン引きされます。普通にホテルにチェックインして、前戯の最中に『試してみない』と誘えばいいのです」

 ソフトSMは、ビジホや一般的なラブホにあるグッズや身の回りのものを代用する。オモチャ屋で目隠しや手錠などを買いそろえる必要はない。女子がやってほしいソフトSMプレーベスト3が、目隠し、手の縛り、優しい言葉責めだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る