ロリコン市場がバブル化 来年の法改正で「駆け込み需要」

公開日: 更新日:

 総勢35人の「大捕物」だ――。岐阜県警は9日、ロリコン写真を投稿していた男たち35人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反で逮捕・書類送検した。大阪市の会社員(37=書類送検済み)が運営する投稿サイトにロリコン写真などを送った疑いだ。逮捕者の中には僧侶や教師、公務員らもいた。このほか、サイトで知り合った愛好家に、カネを払えば女子児童から性的サービスを受けられると言い、2人から入会金名目で450万円をだまし取った男(40)も逮捕された。

「捕まったのは青森、沖縄など17都府県のマニアたち。写真を見せ合うために投稿し、220万点もの画像が集まりました。マニア同士がメールで交換したケースもあった。サイト運営者はアフィリエイトによる広告収入を当て込んだが、月に3、4万円が関の山だったそうです。マニアがサイトに群がったのは来年、児童ポルノの単純所持ができなくなるから。一種の駆け込み需要です」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  10. 10

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る