ロリコン市場がバブル化 来年の法改正で「駆け込み需要」

公開日: 更新日:

 総勢35人の「大捕物」だ――。岐阜県警は9日、ロリコン写真を投稿していた男たち35人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反で逮捕・書類送検した。大阪市の会社員(37=書類送検済み)が運営する投稿サイトにロリコン写真などを送った疑いだ。逮捕者の中には僧侶や教師、公務員らもいた。このほか、サイトで知り合った愛好家に、カネを払えば女子児童から性的サービスを受けられると言い、2人から入会金名目で450万円をだまし取った男(40)も逮捕された。

「捕まったのは青森、沖縄など17都府県のマニアたち。写真を見せ合うために投稿し、220万点もの画像が集まりました。マニア同士がメールで交換したケースもあった。サイト運営者はアフィリエイトによる広告収入を当て込んだが、月に3、4万円が関の山だったそうです。マニアがサイトに群がったのは来年、児童ポルノの単純所持ができなくなるから。一種の駆け込み需要です」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る