• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト 加来耕三さん<中>心の豊かさを優先させる生き方をすれば社会は変わる

二木 戦前、日本が戦争に突き進んでいった中で、軍部の暴走はもちろんですが、提灯行列などで軍部の背中を押した国民の熱狂という側面も見逃せません。歴史的にみても、日本人は熱しやすいのでしょうか。

加来 理論的に物事を考えていないから情緒的になり、ムードに流されやすいのです。日中戦争勃発で軍需景気に沸くと、国内世論は戦争一色になり、大新聞があおり立てたことで、多くの国民は抑制が利かなくなってしまったのです。情緒的な国民性は、戦後も変わっていません。1960年代から70年代にかけて、任侠映画が大人気となりました。やくざの“いい親分”が殺され、その後もその組織は嫌がらせを受けます。最後にもうガマンできない、と主人公が相手のところへ、負けるのが分かっていながら乗り込んでいく。その姿勢が観客に受けたのです。このメンタリティーがまさに、日本人そのものですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る