二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト 加来耕三さん<中>心の豊かさを優先させる生き方をすれば社会は変わる

公開日:  更新日:

二木 戦前、日本が戦争に突き進んでいった中で、軍部の暴走はもちろんですが、提灯行列などで軍部の背中を押した国民の熱狂という側面も見逃せません。歴史的にみても、日本人は熱しやすいのでしょうか。

加来 理論的に物事を考えていないから情緒的になり、ムードに流されやすいのです。日中戦争勃発で軍需景気に沸くと、国内世論は戦争一色になり、大新聞があおり立てたことで、多くの国民は抑制が利かなくなってしまったのです。情緒的な国民性は、戦後も変わっていません。1960年代から70年代にかけて、任侠映画が大人気となりました。やくざの“いい親分”が殺され、その後もその組織は嫌がらせを受けます。最後にもうガマンできない、と主人公が相手のところへ、負けるのが分かっていながら乗り込んでいく。その姿勢が観客に受けたのです。このメンタリティーがまさに、日本人そのものですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る