二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト 加来耕三さん<中>心の豊かさを優先させる生き方をすれば社会は変わる

公開日: 更新日:

二木 戦前、日本が戦争に突き進んでいった中で、軍部の暴走はもちろんですが、提灯行列などで軍部の背中を押した国民の熱狂という側面も見逃せません。歴史的にみても、日本人は熱しやすいのでしょうか。

加来 理論的に物事を考えていないから情緒的になり、ムードに流されやすいのです。日中戦争勃発で軍需景気に沸くと、国内世論は戦争一色になり、大新聞があおり立てたことで、多くの国民は抑制が利かなくなってしまったのです。情緒的な国民性は、戦後も変わっていません。1960年代から70年代にかけて、任侠映画が大人気となりました。やくざの“いい親分”が殺され、その後もその組織は嫌がらせを受けます。最後にもうガマンできない、と主人公が相手のところへ、負けるのが分かっていながら乗り込んでいく。その姿勢が観客に受けたのです。このメンタリティーがまさに、日本人そのものですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

もっと見る