ラブホ目の前なのに 土壇場で女性が消極的になる意外な理由

公開日:  更新日:

 彼女をラブホに誘ったら断られた。“いい雰囲気”と思っていたのは、俺だけ? いえいえ、違うんです。女性には、その気になってもラブホに行けない“ヒミツ”がいっぱい。こっそりあなたに教えます。

「女性は、男性が思いもしないことにコンプレックスを抱えていることがあり、それをクリアしない限り男性と肌を重ねる段階まで進めません。無視して強引に関係を持つと、逆効果になる恐れがあります」

 こう指摘するのは、男女間の問題に詳しい官能作家、加藤文果氏。好意を持っている相手との初めての夜ならなおさらだという。

 実際、20~40代の女性たちに聞いてみると、「ブーツを脱いだ後のニオイが気になった」「下着が上下不揃いだから」「すっぴんを見られたくない」「ムダ毛処理をしていなかった」「ニンニク料理を食べた」「靴下に穴が開いていた」「お腹が出ている」「下着にシミがついていたから」など、出るわ、出るわ。こんな声もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る