ラブホ目の前なのに 土壇場で女性が消極的になる意外な理由

公開日:  更新日:

 彼女をラブホに誘ったら断られた。“いい雰囲気”と思っていたのは、俺だけ? いえいえ、違うんです。女性には、その気になってもラブホに行けない“ヒミツ”がいっぱい。こっそりあなたに教えます。

「女性は、男性が思いもしないことにコンプレックスを抱えていることがあり、それをクリアしない限り男性と肌を重ねる段階まで進めません。無視して強引に関係を持つと、逆効果になる恐れがあります」

 こう指摘するのは、男女間の問題に詳しい官能作家、加藤文果氏。好意を持っている相手との初めての夜ならなおさらだという。

 実際、20~40代の女性たちに聞いてみると、「ブーツを脱いだ後のニオイが気になった」「下着が上下不揃いだから」「すっぴんを見られたくない」「ムダ毛処理をしていなかった」「ニンニク料理を食べた」「靴下に穴が開いていた」「お腹が出ている」「下着にシミがついていたから」など、出るわ、出るわ。こんな声もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る