ラブホ目の前なのに 土壇場で女性が消極的になる意外な理由

公開日: 更新日:

 彼女をラブホに誘ったら断られた。“いい雰囲気”と思っていたのは、俺だけ? いえいえ、違うんです。女性には、その気になってもラブホに行けない“ヒミツ”がいっぱい。こっそりあなたに教えます。

「女性は、男性が思いもしないことにコンプレックスを抱えていることがあり、それをクリアしない限り男性と肌を重ねる段階まで進めません。無視して強引に関係を持つと、逆効果になる恐れがあります」

 こう指摘するのは、男女間の問題に詳しい官能作家、加藤文果氏。好意を持っている相手との初めての夜ならなおさらだという。

 実際、20~40代の女性たちに聞いてみると、「ブーツを脱いだ後のニオイが気になった」「下着が上下不揃いだから」「すっぴんを見られたくない」「ムダ毛処理をしていなかった」「ニンニク料理を食べた」「靴下に穴が開いていた」「お腹が出ている」「下着にシミがついていたから」など、出るわ、出るわ。こんな声もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る