ラブホ目の前なのに 土壇場で女性が消極的になる意外な理由

公開日: 更新日:

 彼女をラブホに誘ったら断られた。“いい雰囲気”と思っていたのは、俺だけ? いえいえ、違うんです。女性には、その気になってもラブホに行けない“ヒミツ”がいっぱい。こっそりあなたに教えます。

「女性は、男性が思いもしないことにコンプレックスを抱えていることがあり、それをクリアしない限り男性と肌を重ねる段階まで進めません。無視して強引に関係を持つと、逆効果になる恐れがあります」

 こう指摘するのは、男女間の問題に詳しい官能作家、加藤文果氏。好意を持っている相手との初めての夜ならなおさらだという。

 実際、20~40代の女性たちに聞いてみると、「ブーツを脱いだ後のニオイが気になった」「下着が上下不揃いだから」「すっぴんを見られたくない」「ムダ毛処理をしていなかった」「ニンニク料理を食べた」「靴下に穴が開いていた」「お腹が出ている」「下着にシミがついていたから」など、出るわ、出るわ。こんな声もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  7. 7

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る