<第4回>特効薬はなく幻覚が消えるまで3カ月はかかる

公開日: 更新日:
警視庁に入る清原容疑者(C)日刊ゲンダイ

ビジネスマン向けコース設けた専門病院も

 息子たちの顔が浮かんだのだろうか……、清原和博容疑者(48)も覚醒剤を断ち切ろうと努力した痕跡がある。禁断症状は自分では手に負えず、専門家の治療を受けていたのだ。その入院治療先として東京都足立区と広島県内の病院の名前が挙がっているが、結局は本人の心の弱さか、あるいは覚醒剤の怖さ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る