売春街“浄化”で接待が…インドネシア「日系駐在員」の憂鬱

公開日: 更新日:

 インドネシア政府が売春街を根絶することを決定した――先月の報道に現地の日系企業駐在員は困惑しているらしい。

 旗振り役は、女性の権利を訴えるインドネシア社会省の女性大臣で、これまですでに68の売春街を閉鎖。3年以内にさらに100の売春街を閉鎖すると鼻息も荒い。

「インドネシアは国民の8割以上がムスリムという世界最大のイスラム教国で、もちろん売春は違法ですが、貧しい女性が多くて“黙認”されてきた。高級店でも、日本の相場の半額以下。ソレ目当てでわざわざ日本から“視察”にやってくる取引先とか、本社の幹部も結構いますからね」(食品関連会社の駐在員)

 インドネシアの人口は約2億5000万人。中国、インド、米国に次ぐ世界4位の大国で、中国に代わる“工場”というより、今や“巨大なマーケット”として熱い視線を集めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  8. 8

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

もっと見る