売春街“浄化”で接待が…インドネシア「日系駐在員」の憂鬱

公開日: 更新日:

 インドネシア政府が売春街を根絶することを決定した――先月の報道に現地の日系企業駐在員は困惑しているらしい。

 旗振り役は、女性の権利を訴えるインドネシア社会省の女性大臣で、これまですでに68の売春街を閉鎖。3年以内にさらに100の売春街を閉鎖すると鼻息も荒い。

「インドネシアは国民の8割以上がムスリムという世界最大のイスラム教国で、もちろん売春は違法ですが、貧しい女性が多くて“黙認”されてきた。高級店でも、日本の相場の半額以下。ソレ目当てでわざわざ日本から“視察”にやってくる取引先とか、本社の幹部も結構いますからね」(食品関連会社の駐在員)

 インドネシアの人口は約2億5000万人。中国、インド、米国に次ぐ世界4位の大国で、中国に代わる“工場”というより、今や“巨大なマーケット”として熱い視線を集めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る