• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OLに広まる“壊されたい願望” いまどき女性のSEX最新事情

 芸能界はアモーレだ、ゲスだと話題が尽きないが、一般人の“絶食化”は深刻だ。特に10代、20代の若い男子の童貞率は上昇し続けている。一方で女子は好きな相手とする“普通”に飽き、刺激的で危険なセックスに走っているという。「日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない」の著者(湯山玲子氏と共著)でAV監督の二村ヒトシ氏に、若い女性の最新性事情を聞いた。

「セックス中に『首を絞めて』とねだる一般女性が増えています。『顔を踏んで』とか『私を悔しがらせて』と、ある種の侮辱を求める女性もいます。ノーマルな性行為に満足できない女性たちが“壊されたい”という願望を持っているようです」

 愛撫とか挿入だけじゃ気持ち良くならない。かといって、本格的なSMプレーをしたいわけでもないという。

「首を絞められて気持ちが良くなるのは、酸欠状態になるからです。意識を飛ばさないと満足できない女性も増えています。加えて『普通のセックスではないヤバいことをしている』という思いがより気持ちを高ぶらせるらしい。オモチャを使ったプレーやSMのように、道具を事前に準備するプレーと違い、それらをカジュアルに味わいたいようなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る