• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ポスト歌舞伎町に 本厚木は知る人ぞ知る「ピンサロ天国」

 2004年の石原都知事(当時)による「歌舞伎町浄化作戦」から10年余り。あおりを食って歌舞伎町を去った風俗関係者は多いと聞く。

 彼らはどこへ行ったのか? 風俗ジャーナリストの蛯名泰造氏によれば、「一部は埼玉の越谷や西川口に流れましたが、越谷はすでに激戦区で過当競争だし、西川口はかつての一斉摘発のマイナスイメージを払拭できず苦戦している」という。

 そんな中、ポスト歌舞伎町として成功しているのが「本厚木です。新宿から小田急線で一本。ロマンスカーなら40分で行けます。で、一発抜いてもらい、駅前からバスで温泉に行ってのんびり、なんて優雅な楽しみ方も。電車になぞらえ“ロマンス風俗”と呼ばれています」(蛯名氏)。

 もともと土台はあった。江戸時代は相模川の水運の要衝として栄え、戦後は厚木飛行場の進駐軍相手の商売で潤った。高度成長期以降はソニー、リコー、日立など大企業の工場や大学キャンパスが進出し、駅前は繁華街として栄えた。いまも14万人の駅乗降客数を誇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る