ポスト歌舞伎町に 本厚木は知る人ぞ知る「ピンサロ天国」

公開日:  更新日:

 2004年の石原都知事(当時)による「歌舞伎町浄化作戦」から10年余り。あおりを食って歌舞伎町を去った風俗関係者は多いと聞く。

 彼らはどこへ行ったのか? 風俗ジャーナリストの蛯名泰造氏によれば、「一部は埼玉の越谷や西川口に流れましたが、越谷はすでに激戦区で過当競争だし、西川口はかつての一斉摘発のマイナスイメージを払拭できず苦戦している」という。

 そんな中、ポスト歌舞伎町として成功しているのが「本厚木です。新宿から小田急線で一本。ロマンスカーなら40分で行けます。で、一発抜いてもらい、駅前からバスで温泉に行ってのんびり、なんて優雅な楽しみ方も。電車になぞらえ“ロマンス風俗”と呼ばれています」(蛯名氏)。

 もともと土台はあった。江戸時代は相模川の水運の要衝として栄え、戦後は厚木飛行場の進駐軍相手の商売で潤った。高度成長期以降はソニー、リコー、日立など大企業の工場や大学キャンパスが進出し、駅前は繁華街として栄えた。いまも14万人の駅乗降客数を誇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る