二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

古市憲寿<中>少子化対策が遅れたのは20年先を考える政治家がいないから

公開日: 更新日:

二木 2011年以降の古市さんの関心事、テーマについて聞かせてください。

古市 ピースボート、戦争、フィンランド、保育園、すべて基本的には身近な事への関心です。昨年出版した「保育園義務教育化」にしても、同級生が出産、育児という環境にあり、そこで起きている問題に関心を持ち、書いたものです。

二木 大上段に国家からという目線でなく、あくまで身近なところからということですね。

古市 理論にはあまり興味はありません。現実から見ていっていろんな事象を集めていくという感じですかね。

二木 いま、憲法改正といった動きも出てきていますが、どうみていますか。

古市 個人の願望が多様化しているなかで、国家が全国民を幸せにできるはずがない。憲法の条文を変えてみんながハッピーになるならいいですが、そうなるとは思えない。共感できないですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る