二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

古市憲寿<中>少子化対策が遅れたのは20年先を考える政治家がいないから

公開日:  更新日:

二木 2011年以降の古市さんの関心事、テーマについて聞かせてください。

古市 ピースボート、戦争、フィンランド、保育園、すべて基本的には身近な事への関心です。昨年出版した「保育園義務教育化」にしても、同級生が出産、育児という環境にあり、そこで起きている問題に関心を持ち、書いたものです。

二木 大上段に国家からという目線でなく、あくまで身近なところからということですね。

古市 理論にはあまり興味はありません。現実から見ていっていろんな事象を集めていくという感じですかね。

二木 いま、憲法改正といった動きも出てきていますが、どうみていますか。

古市 個人の願望が多様化しているなかで、国家が全国民を幸せにできるはずがない。憲法の条文を変えてみんながハッピーになるならいいですが、そうなるとは思えない。共感できないですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る