• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

古市憲寿<中>少子化対策が遅れたのは20年先を考える政治家がいないから

二木 2011年以降の古市さんの関心事、テーマについて聞かせてください。

古市 ピースボート、戦争、フィンランド、保育園、すべて基本的には身近な事への関心です。昨年出版した「保育園義務教育化」にしても、同級生が出産、育児という環境にあり、そこで起きている問題に関心を持ち、書いたものです。

二木 大上段に国家からという目線でなく、あくまで身近なところからということですね。

古市 理論にはあまり興味はありません。現実から見ていっていろんな事象を集めていくという感じですかね。

二木 いま、憲法改正といった動きも出てきていますが、どうみていますか。

古市 個人の願望が多様化しているなかで、国家が全国民を幸せにできるはずがない。憲法の条文を変えてみんながハッピーになるならいいですが、そうなるとは思えない。共感できないですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る