• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

月21回で前立腺がんリスク減 射精回数増やす“4つの習慣”

〈射精回数が多い男性は前立腺がんになりにくい〉という記事が、日本経済新聞の健康・医療サイト「日経グッデイ」のアクセスランキング1位になり、話題になっている(14日現在)。

 米ハーバード大公衆衛生大学院の研究者が米国男性約3万人を対象に調査したもので、それによると、1カ月の射精回数が21回以上の男性は4~7回の男性に比べ、前立腺がんを発症するリスクが2割ほど低かったという。調査結果そのものは今年3月に公表されており、旧聞に属する話なのだが、それだけ中年オヤジの関心が高いということだろう。

 セックス、オナニーは問わないというが、さすがに月21回はきつい。相模ゴム工業の13年の調査「ニッポンのセックス」によると、日本人男性のオナニー回数は20代でも月平均11.1回だ。ちなみに30代9.0回、40代6.5回、50代3.8回、60代2.1回と年代とともに減っていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る