月21回で前立腺がんリスク減 射精回数増やす“4つの習慣”

公開日:  更新日:

〈射精回数が多い男性は前立腺がんになりにくい〉という記事が、日本経済新聞の健康・医療サイト「日経グッデイ」のアクセスランキング1位になり、話題になっている(14日現在)。

 米ハーバード大公衆衛生大学院の研究者が米国男性約3万人を対象に調査したもので、それによると、1カ月の射精回数が21回以上の男性は4~7回の男性に比べ、前立腺がんを発症するリスクが2割ほど低かったという。調査結果そのものは今年3月に公表されており、旧聞に属する話なのだが、それだけ中年オヤジの関心が高いということだろう。

 セックス、オナニーは問わないというが、さすがに月21回はきつい。相模ゴム工業の13年の調査「ニッポンのセックス」によると、日本人男性のオナニー回数は20代でも月平均11.1回だ。ちなみに30代9.0回、40代6.5回、50代3.8回、60代2.1回と年代とともに減っていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る