真夏の“蒸れ” 機能性パンツとアンダーヘア処理で対策する

公開日:  更新日:

 この時季、速乾や吸汗の機能を強化した男性下着がよく売れる。ステテコもそのひとつで、脚や股間の蒸れを防ぐためだ。そんな中、注目のアイテムが登場した。ムスコのサオとタマをそれぞれ分けて収納するパンツだ。

 先月10日に発売されて早くも話題のパンツは、「LASHEVAN」という。100%天然素材のTENCELという特殊素材で織られていて、汗の臭いを防ぐ消臭効果に加え、細菌の繁殖を防ぐ効果も期待できるそうだ。ユーザーの声を拾うと、「全然蒸れない」「もうこのパンツ以外、はけない」と大絶賛。

 アマゾンだと、1枚3300円。2枚990円のユニクロパンツの身には、ちと高い。“勝負パンツ用”に1枚だけ用意しておくか。

 そんな懐が寒い人にひそかに人気の蒸れ対策がある。アンダーヘアの脱毛だ。欧州に移籍したサッカー選手がロッカールームの欧米人の脱毛ぶりに驚いたという話はよく聞くが、今や日本のメンズエステの利用者のうち8割はアンダーヘアの脱毛を選ぶという。

 で、そんなところのお世話になることができない人たちは、お風呂などで一人、ハサミでチョキチョキしているのだ。記者もやってみたが、これがいい。ちょっとやみつきになりつつあるゾ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る