真夏の“蒸れ” 機能性パンツとアンダーヘア処理で対策する

公開日: 更新日:

 この時季、速乾や吸汗の機能を強化した男性下着がよく売れる。ステテコもそのひとつで、脚や股間の蒸れを防ぐためだ。そんな中、注目のアイテムが登場した。ムスコのサオとタマをそれぞれ分けて収納するパンツだ。

 先月10日に発売されて早くも話題のパンツは、「LASHEVAN」という。100%天然素材のTENCELという特殊素材で織られていて、汗の臭いを防ぐ消臭効果に加え、細菌の繁殖を防ぐ効果も期待できるそうだ。ユーザーの声を拾うと、「全然蒸れない」「もうこのパンツ以外、はけない」と大絶賛。

 アマゾンだと、1枚3300円。2枚990円のユニクロパンツの身には、ちと高い。“勝負パンツ用”に1枚だけ用意しておくか。

 そんな懐が寒い人にひそかに人気の蒸れ対策がある。アンダーヘアの脱毛だ。欧州に移籍したサッカー選手がロッカールームの欧米人の脱毛ぶりに驚いたという話はよく聞くが、今や日本のメンズエステの利用者のうち8割はアンダーヘアの脱毛を選ぶという。

 で、そんなところのお世話になることができない人たちは、お風呂などで一人、ハサミでチョキチョキしているのだ。記者もやってみたが、これがいい。ちょっとやみつきになりつつあるゾ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る