ジェネリックだから格安 “450円バイアグラ”購入のお作法

公開日: 更新日:

 ED(勃起不全)に悩める男性は、日本臨床内科医会によると国内に約1130万人。この数字がいかにスゴイかというと、EU離脱のイギリスから、さらに離脱しようとしているロンドン市民853万人より多く、豊臣秀吉の時代の日本の人口に匹敵する。男女合わせた糖尿病患者の950万人(厚労省調査)よりも上だ。

 ところが、ED薬を利用した経験のある人はわずか19・2%。「誰にも言えない」と、ひとりで悩む男性は多い。本紙40代記者も同じで、最近は男性器が“ナイーブ”に陥っており、途中で礼儀正しくなる(お辞儀する)場合さえある。

 ただ、性格もやはりナイーブなので、病院に行く勇気を持てない。そこで考えたのが、「男性スタッフのみ」で運営する専門クリニックへの受診だ。調べてみると、サラリーマンの聖地・新橋で「450円バイアグラ」の破格価格を打ち出しているクリニックを発見。さっそく、足を運んでみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る