• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

トランプ大統領就任で大きく揺れる妊娠中絶の可否

 トランプ米大統領が就任した翌日、米国と世界各都市で「ウイメンズ・マーチ」と呼ばれる抗議行動が同時開催されました。推定参加人数は、米国だけで300都市320万人。男女や人種間の不平等、環境、移民問題など多くの問題の中でも目立ったメッセージが「妊娠中絶を違法にするな」でした。

 以前もお伝えしたように、妊娠中絶は1973年に合法化されて以降、常に「政治の道具」として扱われてきました。リベラルの民主党は中絶に賛成(プロチョイス)。逆に保守派の共和党は反対(プロライフ)。選挙のたびにその是非をめぐって戦いが繰り広げられてきました。

 そして今、中絶には絶対反対の共和党トランプ新大統領が誕生。多くの保守州で中絶が違法になる可能性が強まってきたため、プロチョイス派の抵抗運動も激しくなっています。

 プロチョイスとはいえ中絶を奨励しているのではなく、「望まない妊娠や経済的に困難な中での出産は本人にも赤ちゃんにとっても不幸。そもそも自分の体のことは、自分が決める権利がある」というのが論点です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る