シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

トランプ大統領就任で大きく揺れる妊娠中絶の可否

公開日:

 トランプ米大統領が就任した翌日、米国と世界各都市で「ウイメンズ・マーチ」と呼ばれる抗議行動が同時開催されました。推定参加人数は、米国だけで300都市320万人。男女や人種間の不平等、環境、移民問題など多くの問題の中でも目立ったメッセージが「妊娠中絶を違法にするな」でした。

 以前もお伝えしたように、妊娠中絶は1973年に合法化されて以降、常に「政治の道具」として扱われてきました。リベラルの民主党は中絶に賛成(プロチョイス)。逆に保守派の共和党は反対(プロライフ)。選挙のたびにその是非をめぐって戦いが繰り広げられてきました。

 そして今、中絶には絶対反対の共和党トランプ新大統領が誕生。多くの保守州で中絶が違法になる可能性が強まってきたため、プロチョイス派の抵抗運動も激しくなっています。

 プロチョイスとはいえ中絶を奨励しているのではなく、「望まない妊娠や経済的に困難な中での出産は本人にも赤ちゃんにとっても不幸。そもそも自分の体のことは、自分が決める権利がある」というのが論点です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る