• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

肥満大国アメリカ 深刻化の背景に食品業界の“陰謀”あった

「甘いものを食べ過ぎたら太る」――日本人には常識ですが、アメリカではつい最近まで、砂糖の取り過ぎが大きな問題になることはありませんでした。アメリカ人の35%が肥満症で、それに関連する生活習慣病が深刻化しているというのにです。

「生活習慣病の悪玉」として規制の対象になっているのは、「ファット」と呼ばれる脂肪分や塩分ばかり。ローファット、減塩食品はヘルシーライフの常識になっています。ところが、ローシュガー、ノンシュガーの食品はとても少ない。せいぜいダイエットソーダやシュガーフリー甘味料くらいです。

 そんな中、アメリカ人が砂糖を大量に取るようになったのは、食品業界が砂糖に関する研究情報を操作してきたせいではないかという記事が「ジャーナル・オブ・アメリカン・メディカル・アソシエーション」に掲載されました。

 事の起こりと指摘されているのは、1967年に発表された「心臓疾患と関連があるのは砂糖ではなく飽和脂肪酸である」という調査結果です。権威ある医学誌に発表されたこの研究にお金を出していたのは、実は砂糖業界だったと記事では述べています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る