セリナ
著者のコラム一覧
セリナ

1987年、長野県出身。私立トップの有名大卒。デリヘル「ロボットデリヘル」所属。歌舞伎町ナンバーワン風俗嬢。子宮がんが肺とリンパ節に転移し、現在ステージ3を闘病中。

<14>気を使って遊ぶお客さんを満足させ、自分も満足していた

公開日: 更新日:

 子宮にがんがみつかり、それがリンパにまで転移して半ば強制的に性風俗の表舞台から降りて、そろそろ2年となる。私は今、歌舞伎町でデリヘルの店長をやっている。前回書いた、同じ風俗の世界で仲良くなった同年代の男と立ち上げた店だ。店の名前は「ロボットデリヘル」。「キャストに気をつかう必要はありません、だって相手はロボットなんですから」というコンセプトを掲げている。女の子が喋るか喋らないか、受け身か積極的かを事前に設定できるシステムだ。

 幸いなことに、オーナーの彼も私もデリヘル経営なんて全くわからないで始めた割には、そこそこうまくいっている。新しいお店が生き残る確率は1%といわれる業界において、何となく生き残って、ご飯を食べさせていただいているのだから、ありがたい。

 女の子が喋るか喋らないかは、プレー中いつでも変更できるから、お客さんの半分くらいは喋らないプレーを楽しみ、残り時間をお喋りして過ごす。巷には、風俗に行ったけれども、女の子と会話が盛り上がってしまい、「エロいことしよう」と言い出せず、満足にサービスを受けられなかったという経験をもつ男性も多いらしい。開店当時、よく来てくれたお客さんAさんの経験談を思い出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき