セリナ
著者のコラム一覧
セリナ

1987年、長野県出身。私立トップの有名大卒。デリヘル「ロボットデリヘル」所属。歌舞伎町ナンバーワン風俗嬢。子宮がんが肺とリンパ節に転移し、現在ステージ3を闘病中。

<14>気を使って遊ぶお客さんを満足させ、自分も満足していた

公開日:  更新日:

 子宮にがんがみつかり、それがリンパにまで転移して半ば強制的に性風俗の表舞台から降りて、そろそろ2年となる。私は今、歌舞伎町でデリヘルの店長をやっている。前回書いた、同じ風俗の世界で仲良くなった同年代の男と立ち上げた店だ。店の名前は「ロボットデリヘル」。「キャストに気をつかう必要はありません、だって相手はロボットなんですから」というコンセプトを掲げている。女の子が喋るか喋らないか、受け身か積極的かを事前に設定できるシステムだ。

 幸いなことに、オーナーの彼も私もデリヘル経営なんて全くわからないで始めた割には、そこそこうまくいっている。新しいお店が生き残る確率は1%といわれる業界において、何となく生き残って、ご飯を食べさせていただいているのだから、ありがたい。

 女の子が喋るか喋らないかは、プレー中いつでも変更できるから、お客さんの半分くらいは喋らないプレーを楽しみ、残り時間をお喋りして過ごす。巷には、風俗に行ったけれども、女の子と会話が盛り上がってしまい、「エロいことしよう」と言い出せず、満足にサービスを受けられなかったという経験をもつ男性も多いらしい。開店当時、よく来てくれたお客さんAさんの経験談を思い出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る