セリナ
著者のコラム一覧
セリナ

1987年、長野県出身。私立トップの有名大卒。デリヘル「ロボットデリヘル」所属。歌舞伎町ナンバーワン風俗嬢。子宮がんが肺とリンパ節に転移し、現在ステージ3を闘病中。

<15>誰かのために働き、居場所を見つける

公開日: 更新日:

「私、自分のためだと頑張れないんだよね」

 長く在籍していたSMクラブの同僚、Hちゃんはよくそんなことを口にしていた。

 Hちゃんに限らず、歌舞伎町のSMデリヘルの待機室はこんな子たちで溢れかえっていた。婚約がダメになった後、おとなしく実家に帰る事もできたけれど、私は数年ぶりに新宿に住んで、歌舞伎町で働いていた。もう学生の掛け持ちでもない、風俗一本で生活する専業風俗嬢だ。

 当時在籍していたSMデリヘルは都内でも「稼げる」と、 風俗に従事する女の子や女で飯を食う人たちの間ではそこそこ有名だった。そこの女の子は、半分くらいがOLや学生などとの兼業でたまに店に来る子たちと、何割かがほどほどの子、残る一部が「鬼出勤」と呼ばれる、毎日お店に出勤する子たちだ。待機室でも、この3種類は、なんとなく住み分けがされていた。学生時代、兼業組だった私も、出戻り後は他にやることもなかったので、気がつけばこの「鬼出勤」一派に入っていた。 そこには適当に身体を売っていた頃とは全く違う世界が広がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る