セリナ
著者のコラム一覧
セリナ

1987年、長野県出身。私立トップの有名大卒。デリヘル「ロボットデリヘル」所属。歌舞伎町ナンバーワン風俗嬢。子宮がんが肺とリンパ節に転移し、現在ステージ3を闘病中。

<15>誰かのために働き、居場所を見つける

公開日: 更新日:

「私、自分のためだと頑張れないんだよね」

 長く在籍していたSMクラブの同僚、Hちゃんはよくそんなことを口にしていた。

 Hちゃんに限らず、歌舞伎町のSMデリヘルの待機室はこんな子たちで溢れかえっていた。婚約がダメになった後、おとなしく実家に帰る事もできたけれど、私は数年ぶりに新宿に住んで、歌舞伎町で働いていた。もう学生の掛け持ちでもない、風俗一本で生活する専業風俗嬢だ。

 当時在籍していたSMデリヘルは都内でも「稼げる」と、 風俗に従事する女の子や女で飯を食う人たちの間ではそこそこ有名だった。そこの女の子は、半分くらいがOLや学生などとの兼業でたまに店に来る子たちと、何割かがほどほどの子、残る一部が「鬼出勤」と呼ばれる、毎日お店に出勤する子たちだ。待機室でも、この3種類は、なんとなく住み分けがされていた。学生時代、兼業組だった私も、出戻り後は他にやることもなかったので、気がつけばこの「鬼出勤」一派に入っていた。 そこには適当に身体を売っていた頃とは全く違う世界が広がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る