チラシにドキリ…外務省主催“おっぱいサミット”の中身

公開日: 更新日:

 案内チラシを見た瞬間、多くの人がドキッとするだろう。そこには「“おっぱい”が揺れている」と表記されている。

 なんとも扇情的な文言だが、実はコレ、外務省主催「国際女性会議」の公式イベントなのだ。

 お堅い外務省に何が起こっているのかは知らないが、イベントは11月3日(金・祝)午前に東京ウィメンズプラザで「全日本おっぱいサミット」(前売り1800円。18歳以下は無料)として開催される。

 内容は、公共の場での授乳がテーマ。昨年末に朝日新聞に掲載された「飲食店で授乳する母親に戸惑っている」という大学院生の一通の投書をきっかけに、「目のやり場に困る。公共の場での授乳はマナー違反だ」「いや、育児に不寛容な日本社会の象徴だ」と大論争が起きた。

 イベントを企画した授乳服メーカー「モーハウス」代表で茨城大学社会連携センター特命教授の光畑由佳氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る