二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ジャーナリスト・津田大介さん<下>

公開日:

二木 3年前にお目にかかった時よりもはるかにお忙しそうですね。

津田 そうですね、3倍ぐらい忙しいですかね。早稲田での授業が週2回、ラジオ、CS番組のキャスター、週刊誌、新聞の連載がレギュラーの仕事で、あとはメルマガの執筆です。それと、愛知県で3年に1度開催される現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督を引き受けたので、週イチのペースで名古屋に行っています。現代美術の祭典なのでテーマを決めて、それに沿う作品を美術作家につくってもらい展示するという仕事です。

二木 トリエンナーレのテーマは何ですか。

津田 テーマは「情の時代 Taming Y/Our Passion」です。情という言葉には、感情(感覚によっておこる心の動き)、情報(本当のこと)、情け(人情、思いやり)という3種類の意味があります。トランプ大統領がなぜ誕生したのか考えたとき、いま、ネットの情報によって感情を動かされ、ポピュリズムが盛り上がってしまっている。そういうことに世界中が悩んでいます。そこをどう解決すればいいのかを考えていて、たとえば敵対する関係でも相手が倒れていれば手を差し伸べる。それが情けですよね。複数の意味を持つ情という単語をキーワードに展開して、どんな作品をつくれるのか、ディスカッションしています。面白いけど大変ですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る