1000円の料金とミニスカートでキャバレーはたちまち評判に

公開日: 更新日:

 キャバレー「ウラシマ」チェーンの第1号店は、JR「鴬谷」駅前の2階建て木造家屋を改装してオープンした。

 それまでバーなど数年に及ぶ水商売の経験を持っていた。だが、三浦稔さんにとって、ホステス70~80人を採用した初めてのキャバレー経営である。

 開店した1968(昭和43)年はマイカー時代が定着するなどいざなぎ景気の真っ最中で、TVの「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」という丸大食品のCMが流行語になっていた。世の中全体がイケイケであった。

 開店30分前の午後6時、フロアに全ホステスが集められ「点呼」の後、マイクを握って三浦社長が舞台の上に立つ。会社で言う朝礼である。

「水商売も立派な企業です。誠実な気持ちで仕事をこなしてください。店則を申し上げます。男女従業員の恋愛、または恋愛と認められる行為を禁止にします。退店者(お客)との交際も慎むこと……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る