親しくしていた教授の思いがけない後押しで夜の世界へ

公開日: 更新日:

「日本全国に、乙姫様が接待する竜宮城を築きたい」――。1951年、日大芸術学部に通学していた学生時代、こんな遠大な理想郷を描いた三浦稔さん(埼玉県所沢市在住)は、アルバイトを夜の世界に求めた。

 東京・銀座の純喫茶を皮切りに、新宿のキャバレー「処女林」のボーイになる。このとき、当店で支配人を務めていた人物が、後に「銀座ハリウッド」を開くキャバレー王の福富太郎氏(2018年没=享年86)だった。

 福富氏の薫陶を受け、店のトイレ掃除に始まり、客との対応、ホステスの管理やキャバレーの経営学を体得していく。

 昼はダンスホールで、夜はキャバレーという店の営業で、店内を毎日、コマネズミのように動きまわった。

 やがて、そつがない仕事ぶりが認められてボーイ長に昇格。大学をさぼっての仕事だったが、その割には給料が安い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

もっと見る