恋愛ブランク脱出の突破口に “ゆるいお誘い”のポイントは

公開日: 更新日:

「女性は適当にセックスを味わいながらも、やはり本命の恋人がいないのは寂しい。だけど、焦って結婚相手を決めたくないのです。対して男性は、デートをすると性急に深い関係になり、結婚に向かおうとする。女性はそうした男性に警戒心を抱いて誘いを断るようになり、いつしか結婚は面倒くさいと考えて5年が経過してしまうのです」

 これに加えて、AV女優が美人ばかりになったため、AVを見て満足する男性が増えたこともブランク率を高めている。まさに今日的な現象だ。

■ポイントは「急がば回れ」

 とはいえ5年のブランクは長すぎる。三浦氏の話では、現代の男性が恋人を見つけるには、行きつけの喫茶店やワインバーをつくって女性客と顔なじみになったり、ボランティア活動などで知り合うのが確実だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る