「パラサイト」で話題沸騰 妻がねだる“時計回り愛撫”の謎

公開日: 更新日:

「第92回アカデミー賞」で英語以外の映画として初の作品賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)の快進撃が止まらない。

 2日に公表された映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、同映画は3週連続で首位を獲得。累計動員数は272万人で、興行収入は37億円を突破した。

 貧困家庭の一家が少しずつ裕福な家庭の中に入り込む──といった描写を通じ、韓国社会の格差をあぶりだした社会派の映画なのだが、視聴後に必ずといっていいほど話題になるシーンがある。暗いリビングのソファで寝ていた美人妻(チョ・ヨジョン)が、自分の胸をまさぐり始めた夫の愛撫に甘い吐息を漏らしつつ、「時計回りで……」と要求する場面だ。

「女性の胸の愛撫はなぜ、『時計回り』じゃなくちゃダメなのか。『反時計回り』では女性は気持ちよくないのか。映画を見ている間中、ずっと気になりました」(20代の会社員男性)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る