「新宿で感染」SNSデマ 新型コロナで東京の風俗店が悲鳴

公開日: 更新日:

【潜入ルポ】大塚も新宿も五反田も吉原も…

「リーマン・ショックよりひどい!」――。来店客が激減した風俗店の店長が悲鳴を上げている。コロナ感染を怖がって客が減ったところに政府がテレワークを推進したため、さすがにフーゾク好きも自宅に閉じこもっているのだ。

 実態を知るために先週、東京・大塚のピンサロに潜入! 夜8時半なのに8つある席に客はたったの2人だった。女の子は「先週からずっとこの調子。1日に1万円も稼げない」とボヤいてた。記者が店内にいた20分の間に次の客は入ってこなかった。

 ヘルスはどうなのかと4日の夜9時ごろ、新宿の店舗型ヘルスに入ったところ、人気店なのに、待合室には30歳前後の男性客が1人いるだけ。女の子に聞くと「お客さん? コロナでがたんと減った。みんなテレワークで家にいるみたい」との答え。受付近くの個室で1時間ほど様子をうかがうと、新規の客は2人しか入ってこなかった。帰りに男性スタッフに聞いたら、「この10日ほど、お客さんは3~4割減。女の子は通常通り7人待機していますが、稼げないのでかわいそうです」とのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る