「新宿で感染」SNSデマ 新型コロナで東京の風俗店が悲鳴

公開日: 更新日:

【潜入ルポ】大塚も新宿も五反田も吉原も…

「リーマン・ショックよりひどい!」――。来店客が激減した風俗店の店長が悲鳴を上げている。コロナ感染を怖がって客が減ったところに政府がテレワークを推進したため、さすがにフーゾク好きも自宅に閉じこもっているのだ。

 実態を知るために先週、東京・大塚のピンサロに潜入! 夜8時半なのに8つある席に客はたったの2人だった。女の子は「先週からずっとこの調子。1日に1万円も稼げない」とボヤいてた。記者が店内にいた20分の間に次の客は入ってこなかった。

 ヘルスはどうなのかと4日の夜9時ごろ、新宿の店舗型ヘルスに入ったところ、人気店なのに、待合室には30歳前後の男性客が1人いるだけ。女の子に聞くと「お客さん? コロナでがたんと減った。みんなテレワークで家にいるみたい」との答え。受付近くの個室で1時間ほど様子をうかがうと、新規の客は2人しか入ってこなかった。帰りに男性スタッフに聞いたら、「この10日ほど、お客さんは3~4割減。女の子は通常通り7人待機していますが、稼げないのでかわいそうです」とのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る