上昇ムードでボーナス倍増! 投資額別「渾身の32銘柄」

公開日: 更新日:

 冬のボーナスをどう使うか。今年は昨年より支給額が増えそうだし、小遣い倍増を目指して株式投資にチャレンジするのも手だ。
 野村証券は「日経平均は14年末に1万8000円」と予想し、米ゴールドマン・サックスも「1万7500円水準」と強気だ。

 現在は1万5000円前後だから、上昇ムードは間違いないかも。
「来春の消費税増税後は調整局面に入るでしょうが、それまで株高傾向は継続するでしょう。今は投資にピッタリの時期です」(株式評論家の杉村富生氏)
 そこで、投資金額別に「イチ押し銘柄」を専門家に選んでもらった。

■10万円以下

「国土強靭化で活躍しそうなコンクリ2次製品のゼニス羽田に注目しています。あまり知られていない会社だけに狙い目でしょう」(杉村氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る