あの「光通信」が“大躍進” 1年で株価倍増のナゾ

公開日: 更新日:

 株式市場で光通信が話題になっている。「ほぼ1年で株価が倍になった」(市場関係者)からだ。実際、年初に3500円程度だった株価は、一本調子で上昇し、今月3日に8000円台をつけている。

 株価倍増は珍しいことではない。ただ、重田康光社長(48)が率いる、あの光通信である。市場からは、「意外というか、不気味な値動き」という声も漏れてくる。

 重田氏は、ネットバブル全盛期に良くも悪くも話題に上った。携帯電話を販売する「HIT SHOP」を全国展開し、96年に史上最年少の31歳で株式を店頭公開。99年には東証1部に昇格した。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、99年の米フォーブス誌では約2兆6000億円の資産を持つ世界5位の大富豪にランクインしている。

 だが月刊誌の記事で光通信の闇の部分が表沙汰になった。「寝かせ」と呼ばれる携帯電話の大量架空契約が発覚し株価は最高値24万円から3600円台まで下落。20日連続のストップ安という不名誉な記録も打ち立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る