「プリウス」190万台リコール トヨタによぎるあの“悪夢”

公開日: 更新日:

 世界で初めて年間販売1000万台を突破。14年3月期連結業績予想(米国会計基準)は、営業利益が2兆4000億円で過去最高を更新――。

 そんな絶好調トヨタに水を差す動きだ。看板車種であるハイブリッド車「プリウス」の制御プログラムに不具合があるとして、トヨタ自動車は12日、現行モデル(09年3月発売の3代目)の国内販売約99万7000台と海外分約90万台の計約190万台をリコールすると発表した。単一車種としては過去最多のリコールだが、これが今後のハイブリッド戦略にどう影響するのか。

 経済ジャーナリストの重道武司氏がこう言う。
「トヨタクラスですと、リコールを想定して多額の引当金を準備していますので、影響は軽微だと考えられます。今回は死傷事故が起きたという報告もなく、いきなり電気自動車など次世代技術への転換もないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る