ソチで苦戦の日本…夏季との違いは「実業団主導」の機能不全

公開日:  更新日:

 目標達成は厳しい。
 橋本聖子日本選手団団長は、ソチ五輪でのメダル目標を「金5を含むメダル10個。長野五輪のメダル数を超えたい」と公言。スポーツマスコミも大会前までは便乗して、メダル、メダルと景気よく大騒ぎしていたが、今のところ金メダルは男子フィギュアスケートの羽生結弦(19)の1個だけ。メダル総数も全部で5個だ。

 今後は、女子フィギュアの浅田真央(23)や複合ラージヒルの渡部暁斗(25)などにメダル獲得の可能性があるとはいえ「長野超え」は絶望的だ。

 日本勢の苦戦は、競技団体がまともに機能していないことも理由のひとつだ。例えば、長野五輪金の清水宏保氏は16日付の朝日新聞でスピードスケート界の現状を「大きな実業団の派閥に分かれ、情報の共有すらなされない。選手を中心とするサポート体制が整っていない」と痛烈に批判。男子500メートルの惨敗については「敵を知る部分が欠けていた」と指摘した。実業団に属していない選手や関係者には、コーチ申請の知らせもなかったというからおかしな話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る