ソチで苦戦の日本…夏季との違いは「実業団主導」の機能不全

公開日: 更新日:

 目標達成は厳しい。
 橋本聖子日本選手団団長は、ソチ五輪でのメダル目標を「金5を含むメダル10個。長野五輪のメダル数を超えたい」と公言。スポーツマスコミも大会前までは便乗して、メダル、メダルと景気よく大騒ぎしていたが、今のところ金メダルは男子フィギュアスケートの羽生結弦(19)の1個だけ。メダル総数も全部で5個だ。

 今後は、女子フィギュアの浅田真央(23)や複合ラージヒルの渡部暁斗(25)などにメダル獲得の可能性があるとはいえ「長野超え」は絶望的だ。

 日本勢の苦戦は、競技団体がまともに機能していないことも理由のひとつだ。例えば、長野五輪金の清水宏保氏は16日付の朝日新聞でスピードスケート界の現状を「大きな実業団の派閥に分かれ、情報の共有すらなされない。選手を中心とするサポート体制が整っていない」と痛烈に批判。男子500メートルの惨敗については「敵を知る部分が欠けていた」と指摘した。実業団に属していない選手や関係者には、コーチ申請の知らせもなかったというからおかしな話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る