土屋ホーム高笑い レジェンド葛西は「空飛ぶセールスマン」

公開日:  更新日:

 世界のジャンパーから「レジェンド」と呼ばれている葛西は、所属先でもレジェンドだった。土屋ホーム広報担当者が言う。

「オフシーズンのGWには、毎年、札幌にある弊社の住宅展示場でサイン会を開いています。ファンの方への対応もとても丁寧で、楽しみにされている方が多く、数十人の行列ができる。東京からはるばるいらしてくださる常連サンもいます。営業活動というほど大仰なものではありませんが、十分に会社に貢献してもらっています」

 W杯で優勝し、世界選手権でのメダルもある葛西クラスなら、シーズンオフとはいえ所属企業の業務に携わることはまずない。清水と伊東が所属する雪印メグミルクも、竹内の北野建設も「会社の業務をこなすことはありません」とキッパリ。 ほかの3人がスキー漬けの毎日なのに、“レジェンド”は嫌な顔ひとつせず営業活動をサポートする。そんな器のデカさが評価されたのか、社内での肩書は「社長室主任」。雪印も北野建設も「選手に肩書はない」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る