サッカーW杯日本代表 1次リーグ敗退なら真っ青になる企業

公開日: 更新日:

アシックス、ソニー、電通など24社

 兜町はサッカーW杯の黒星スタートに色をなくしている。
「日本代表の勝敗と株価は密接につながっているだけに、今後の悪影響が心配です」(市場関係者)

 過去の株価の動きを見れば、それがよく分かる。日本代表がW杯初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」(97年11月)の翌日は、株式市場も歓喜し、日経平均は1200円上昇した。今大会も直前の親善試合で3連勝。日経平均もジンクス通り上がった。

「逆の相関関係もあります。日本が負けると、株価は下落するのです。しかも、コートジボワール戦は負け方が悪かった。前半リードし、後半に逆転された。06年ドイツ大会の初戦、オーストラリア戦と似ています。逆転負けは、株式市場に大ダメージを与えかねないのです」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 06年オーストラリア戦は、日本代表が1点リードで前半を終えたが、後半の終盤に3点を立て続けに奪われ、1-3で逆転負け。その翌日、日経平均は614円の暴落だった。下落の“犯人”は、電通の190円安(マイナス7.8%)やソニー160円安(同3.7%)、アシックス39円安(同3.4%)などW杯関連銘柄だ。この試合以外でも、過去のデータを見ると、日本の負けは株安につながっている(表(1)参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  9. 9

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

  10. 10

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る