サッカーW杯日本代表 1次リーグ敗退なら真っ青になる企業

公開日: 更新日:

アシックス、ソニー、電通など24社

 兜町はサッカーW杯の黒星スタートに色をなくしている。
「日本代表の勝敗と株価は密接につながっているだけに、今後の悪影響が心配です」(市場関係者)

 過去の株価の動きを見れば、それがよく分かる。日本代表がW杯初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」(97年11月)の翌日は、株式市場も歓喜し、日経平均は1200円上昇した。今大会も直前の親善試合で3連勝。日経平均もジンクス通り上がった。

「逆の相関関係もあります。日本が負けると、株価は下落するのです。しかも、コートジボワール戦は負け方が悪かった。前半リードし、後半に逆転された。06年ドイツ大会の初戦、オーストラリア戦と似ています。逆転負けは、株式市場に大ダメージを与えかねないのです」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 06年オーストラリア戦は、日本代表が1点リードで前半を終えたが、後半の終盤に3点を立て続けに奪われ、1-3で逆転負け。その翌日、日経平均は614円の暴落だった。下落の“犯人”は、電通の190円安(マイナス7.8%)やソニー160円安(同3.7%)、アシックス39円安(同3.4%)などW杯関連銘柄だ。この試合以外でも、過去のデータを見ると、日本の負けは株安につながっている(表(1)参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る