風評騒動も…輸入生鶏肉の9割「ブラジル産」は安全なのか?

公開日:  更新日:

 鶏肉の国内消費量は年間約220万トン(12年)で、輸入量は約74万トン。3分の1を輸入に頼っている。ナゲットや空揚げなど“加工鶏肉”の輸入品は大半が中国産かタイ産だが、“生肉”は90%がブラジル産だ。
 24日の本紙の外食・コンビニ緊急アンケートでも、23社中8社が「ブラジル産も使用」と回答している。

 大阪のある社団法人が昨年10月、「ブラジル産の肉は、汚染物質と同等の毒入りでブラジル人も食べない」などと書いた記事をブログに掲載(現在は削除)し、それがネット上に拡散。駐日ブラジル大使館が「まったくの虚偽で、中傷的で、技術科学的根拠がない」などと風評被害を訴える騒動もあっただけに、気になる。

 同大使館のHPによると、<ブラジルの畜産ではホルモンなどの使用は国内法で禁止。抗生物質などの使用には、国連食糧農業機関の定めるコーデックス食品規格を、日本を含む加盟国同等、厳守している>というが、それで本当に安心できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る