風評騒動も…輸入生鶏肉の9割「ブラジル産」は安全なのか?

公開日: 更新日:

 鶏肉の国内消費量は年間約220万トン(12年)で、輸入量は約74万トン。3分の1を輸入に頼っている。ナゲットや空揚げなど“加工鶏肉”の輸入品は大半が中国産かタイ産だが、“生肉”は90%がブラジル産だ。
 24日の本紙の外食・コンビニ緊急アンケートでも、23社中8社が「ブラジル産も使用」と回答している。

 大阪のある社団法人が昨年10月、「ブラジル産の肉は、汚染物質と同等の毒入りでブラジル人も食べない」などと書いた記事をブログに掲載(現在は削除)し、それがネット上に拡散。駐日ブラジル大使館が「まったくの虚偽で、中傷的で、技術科学的根拠がない」などと風評被害を訴える騒動もあっただけに、気になる。

 同大使館のHPによると、<ブラジルの畜産ではホルモンなどの使用は国内法で禁止。抗生物質などの使用には、国連食糧農業機関の定めるコーデックス食品規格を、日本を含む加盟国同等、厳守している>というが、それで本当に安心できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る