過剰在庫が市場に溢れ…中国“爆売り”が日本企業を直撃か

公開日: 更新日:

 中国による“爆売り”が日本企業を直撃する――。そんな臆測が衝撃を与えている。きのう(8日)、東京商工リサーチが2015年度の「チャイナリスク」関連倒産を発表。2014年度と比べると2倍の120件と急増しているという。

 倒産原因としては、中国国内の人件費高騰による製造単価の上昇などの「コスト高」が74件と最多。気になるのは、2位(24件)に挙げられた「価格競争」だ。要は、中国企業との激しい“低価格競争”に敗れたことを意味している。

「価格競争を起因とする倒産は、中国株が暴落した昨夏からみられるようになっています。中国企業がもの凄い安い価格でモノを売っているのです。鉄などの分野では相場が激しく下落し、利益が減るどころか“逆ざや”になっているケースもあります」(東京商工リサーチ情報本部の原田三寛氏)

 価格競争は今後、一層、激しくなりそうだ。中国は3月の全人代で、過剰在庫や過剰設備の解消を掲げていて、世界に“中国製品”があふれ出す可能性が濃厚だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る