中国政府引き締めなんの 日本製コンドーム爆買い続くワケ

公開日: 更新日:

 今年は“でき婚”が急増するかもしれない。

 8日から春節(旧正月)で、いよいよ爆買い本番。今年は中国政府の“引き締め”もあってブレーキがかかるともっぱらだが、それでも東京・銀座などの繁華街は中国人観光客でごった返している。

 おかげで業績好調のコンドームメーカーの株価も、荒れ模様の市場をよそに軒並み急上昇。オカモトは先月21日の終値791円から、2月に入って1000円台。相模ゴム工業も同504円から、700円台に乗せた。

「2013年に西アフリカのガーナ共和国で中国製のコンドームが無料配布されたんですが、破れやすいどころか、ハナから穴が開いているなど、粗悪すぎてお話にならなかった。結局、1億個以上が回収されました」(在中ジャーナリスト)

 中国製より数倍高くても“メード・イン・ジャパン”が爆買いされるわけだ。「サガミオリジナル」の相模ゴム工業広報担当者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る