中国政府引き締めなんの 日本製コンドーム爆買い続くワケ

公開日: 更新日:

 今年は“でき婚”が急増するかもしれない。

 8日から春節(旧正月)で、いよいよ爆買い本番。今年は中国政府の“引き締め”もあってブレーキがかかるともっぱらだが、それでも東京・銀座などの繁華街は中国人観光客でごった返している。

 おかげで業績好調のコンドームメーカーの株価も、荒れ模様の市場をよそに軒並み急上昇。オカモトは先月21日の終値791円から、2月に入って1000円台。相模ゴム工業も同504円から、700円台に乗せた。

「2013年に西アフリカのガーナ共和国で中国製のコンドームが無料配布されたんですが、破れやすいどころか、ハナから穴が開いているなど、粗悪すぎてお話にならなかった。結局、1億個以上が回収されました」(在中ジャーナリスト)

 中国製より数倍高くても“メード・イン・ジャパン”が爆買いされるわけだ。「サガミオリジナル」の相模ゴム工業広報担当者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る