年内最後の買い場到来 まだ上がる狙い目「金融株21銘柄」

公開日: 更新日:

 日経平均は12日、約1年ぶりに1万9000円の大台を突破したことで、兜町のイケイケムードは最高潮に達している。

「年内2万円が見えてきました。トランプが大統領に就任する来年1月20日までは、安心して買える相場が続くと思います」(市場関係者)

 今週は年内最後の“買い場”がやって来るという。

「13~14日に開催される米FOMCで、恐らく米国の利上げが決まります。本来なら日米金利差拡大で、さらなる円安に向かいますが、市場は利上げをすでに織り込み済み。材料出尽くし感からいったん冷え込むでしょう。日経平均は1万8000円近辺まで下落するかもしれません。ここが絶好の買い場です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 トランプ勝利後、株価はほぼ一本調子で上昇し、日経平均は3000円近く上昇した。市場からは、そろそろ調整局面入りの時機という声が聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る