創業家タカタ会長また再任で…社員から上がる不安の声

公開日: 更新日:

「いやはや、もう言葉もない」

 そんなタメ息交じりの怒りの声が、自動車業界で渦巻いている。

 エアバッグ問題が業績を直撃したタカタが今月27日に開く株主総会で、高田重久会長兼社長の再任を議案として提案と、ロイターが12日に報じた件だ。

 今さら説明不要だろうが、エアバッグ問題をめぐるリコール費用は1兆円を超える見込みで、昨年6月の株主総会でも高田会長の経営責任を問う声が相次いだ。

 ところが、高田会長は「この会社がおかしくならないようにしてからバトンタッチするのが私の役目」などと釈明。創業家がタカタ株の約6割を保有という“数の力”で再任してみせた。

 あれから1年。

 昨年末に「和解協議大詰め」などと報じられ、年明けには株価も1000円を超えたが、それも12日には475円と、市場を裏切ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る