天敵のノミバエに注目 殺人毒アリ壊滅作戦の効果と課題

公開日: 更新日:

 南米原産の殺人毒アリ「ヒアリ」が神戸港から拡散して1カ月あまり。国土交通省が東京港や大阪港など、全国の主要125港湾を対象に緊急点検した結果、ほかの港湾ではヒアリは確認されなかった。ホッと一安心だが、「特定外来生物ヒアリ対策緊急本部」を設置した神戸市などは対応に追われている。

 そんな中、ヒアリの天敵だと注目されているのがノミバエ。体長0.5~6ミリほどのコバエの一種で、家庭の生ゴミにたかっているアレだ。

 1930年代からヒアリが定着し、年間100人の死亡者が出る米国で、農務省農業研究局が対策に活用しているという。なんとノミバエは腹部のトゲをヒアリに刺して200個ほどの卵を産み付け、孵化したウジ虫がヒアリの体液を栄養にグングン成長。宿主であるヒアリを息絶えさせるというのだ。想像するだけで気分が悪くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る