スタッフ裁量の値切り幅は5~15% 値切り交渉しないと損

公開日: 更新日:

 家電量販店でスムーズに値段交渉をするには、まずは他店の価格を提示する方法が一般的。他にネット通販の価格を提示するやり方もある。

 値引き額の根拠を提示するのが基本になるが、高圧的に「この値段に合わせろ」と強要するのは得策ではない。特にネット通販は、人件費や家賃、光熱費などの面で圧倒的に店舗より優位。型落ち品など商品によっては、とてつもなく安くなっていることもある。

「量販店としても、『どうしてもその値段で買いたいのなら、どーぞネットで買ってください』となってしまいます。お客さまが店舗で買うメリットは、アフターサービスやサポート、保証など。これらを踏まえ一番良いのは底値価格を知った上で、『これ、いくらになりますか?』と聞くことだと思います」

 価格を販売員に聞いた後、押したり引いたりしながら値切るのが量販店での流儀だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る