販売員のはるか上を行く中国人客の値切り交渉術とは

公開日: 更新日:

 店員が思わず値引きしたくなる客がいる一方、家電量販店に来る厄介な客たちもいる。

「中国人のご夫婦が来店され、新居のエアコンを欲しいとのこと。3台買うから安くしてと言うので3台目が半額のキャンペーンを適用してから、さらに値引きをしました。合計で45万円ほどだったのですが、いきなり35万にしろとおっしゃる。さすがにそれは無理なので断ると、何とかお願いしますと、今度は低姿勢モードで一歩も引かない。仕方なく上司に相談したのですが、『まあ、あと2000円くらいの値引きかな』と。押し問答の末、40万円まで譲歩したのですが、納得がいかない様子。コミッション(メーカーからのキックバック)を使い、何度も電卓を叩き、他のキャンペーンも検討しているうちに、何が何だか訳が分からなくなって……。そのうち、工事の追加があるとか、オプションを付けて欲しいとか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る