元手かけず月収100万円 “廃墟不動産”活用術を成功者に聞く

公開日: 更新日:

 不動産オーナーになって不労所得を得たい。でも元手が……。だが、元手はほとんどゼロ、借金もなしというやり方で大家業で成功を収めている人がいる。「廃墟不動産投資家」の村上祐章氏(41)にビジネスモデルを聞いた。

「まず空き家を見つけ、所有者と交渉します。これの家賃が平均月2万円。所有者からしたら年間にたとえば4万円固定資産税を取られているとしたら悪い話ではないはず。それを多少手を入れて、4万円で転貸しするというのが私のビジネスです」

 つまり、1軒当たり差額の平均月2万円が氏の取り分になる。12年前に1軒目を手がけ、現在、村上氏はこの方式で約80件の貸家を運営。月収は100万円を超えているという。

「初めのうちは、1軒貸せても月に2万円の収入。頑張って5軒になっても10万円ということで、割に合うのかという疑問も湧きましたが、数がたまれば絶対にビジネスになると思い、根気よく続けたところ、ようやく軌道に乗りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る